日本一美しい女子大生〟の長澤佳凜(立命館大学)、大津警察一日署長に就任  「事故防止の意識が広がってほしい」

9月20日「秋の交通安全運動」一日署長イベントが滋賀県大津市にて行われ、2019ミスユニバーシティグランプリの長澤佳凜(ながさわ・かりん)さんが大津警察署の一日警察署長に就任した。

地元である大津市で大役を務めることになった長澤さんは「貴重な経験をさせていただき、とても嬉しいです。」と笑顔で話した。

 

 

オープニング出動式には、滋賀県、大津市、大津交通安全協会、大津安全運転管理者協会、大津警察署の警察官、パトカー、白バイ、ボンネットバス、が参加しており、長澤さんの号令を合図に広報活動に出発した。

出動式の後はブランチ大津京に移動し、啓発品を配り、交通安全の大切さを通行人にPRした。

 

長澤さんは、「少しでも事故が減少してほしいという思いを込めて、1日警察署長を務めさせていただきました。自身が交通安全運動を呼びかけることで、改めて日頃から事故防止を心がけようと身が引き締まる思いでした。みんなが交通ルールやマナーを守り、〝事故の無い滋賀県〟の実現に向け、私自身も高い意識を持って行動しようと思います。」と話した。

 

 

ミスユニバーシティとは

日本全国の大学、専門学校を対象としている全国版ミスキャンパス

北海道から沖縄までの各県での地方予選(ベストオブミス)が行われミスユニバーシティグランプリになった1名が県の代表として日本大会へ出場する。

2019年7月に関内ホール(神奈川県横浜市)で開催された2019ミスユニバーシティ日本大会にて滋賀代表の長澤佳凜さんがグランプリに輝いた。

滋賀県出身で大津市在住という縁で今回、一日警察署長として就任した。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です