Please check your short code. Gallery does not exists for this Id.

ミスユニバースジャパン

ミス・ユニバースのプエルトリコ代表 が「カメラは苦手」と発言して失格になった。

なんと珍事件が起きてしまった…..

ミス・ユニバースのプエルトリコ代表に輝いた女性がカメラで撮影されるのは本来苦手というコメントを出したら主催者側の怒りを買いミス・ユニバースのプエルトリコの称号を剥奪されてしまった。

 

 

ミス・ユニバース2016年プエルトリコ代表の座に輝いた女性が、ちょっとした“失言”によりその冠を剥奪された。主催者からみれば眉をひそめたくなるような発言ではあるが、若い女性なら誰もが抱く自然な気持ち、本音でもある。この冠剥奪には「ひどすぎる」という同情の声もあがっているようだ。

「この女性はミス・ユニバース代表の冠をかぶるに値しない。」

このように言われて失格を言い渡されたのは、2016年のプエルトリコ代表に選ばれたクリスティエリー・カリデ(Kristhielee Caride)さん。地元紙のインタビューに応じた際、「カメラって実は苦手なの」と発言し、ミス・ユニバース・プエルトリコ事務局長のデジレー・ロウリーさんが「代表に選ばれた女性がそんなことを言うなど前代未聞」と激怒したというのだ。

「なんと情けない、恥ずかしい出来事でしょう」とロウリーさん。代表に選ばれた女性は人前で常に最高のスマイルを湛え、品行方正を心がけ、どのようなタイプの質問に対しても素晴らしい答えを返すことが必要だと強く訴える。カリデさんは後日、自身の発言について謝罪したが、事務局はそれを受理しなかった。提案した面談の日時に対し、彼女が「医師の予約があり都合がつかない」と返事したことも気に食わなかったという。

「そのような心掛けでは、これから頑張ってもらわなければならない各種の広報活動など、到底任せられない」とカリデさんを見限った事務局。彼らは17日に記者会見を開き、赤いドレス姿に身を包んだ次点のブレンダ・ヒメネス(Brenda Jiménez)さんを今年の代表に繰り上げることを正式に発表した。

しかし、カメラが苦手という本音の発言はそんなにいけないことなのか理解できないというカリデさん。ハリウッド女優もオフにカメラを向けられれば睨み返すことはある。彼女は『El Nuevo Dia』紙に、「彼らに求められたことはすべて時間を守りながらきちんと行動してきました。それなのにひどすぎます」と話し、この件を裁判に持ち込む意思があることを伝えている。

カテゴリー

PAGE TOP
↓クリックで社会貢献↓
close Don't Show Again