「ベストオブミス2020新潟大会」最終選考会

世界的なミスコンテストの合同地方代表選考会「ベストオブミス2020新潟大会」最終選考会が12月28日、新潟市にある朱鷺メッセで開かれた。

出場したのは書類選考などを経て選ばれた、新潟県出身のファイナリスト6人。約2カ月のビューティーレッスンで、外見の美はもちろん、知性、感性、人間性にも磨きをかけ、本大会に臨んだ。

6人のファイナリストの中で「ミス・ユニバース・ジャパン」は小嶋明穂さん(新発田市出身)、「ミス・グランド・ジャパン」は藍木沙羅さん(新潟市出身)、「ミス・ユニバーシティ」は佐藤みいなさん(新潟市出身)がそれぞれグランプリとなり県代表に選ばれた。

小嶋さんと藍木さんは世界大会に進む日本代表を決める大会に出場、佐藤さんは日本大会に臨む。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です